謝罪会見で感じたこと

今年の芸能界はベッキーの不倫騒動や、SMAP解散報道から幕開けして色々スキャンダルだらけの年だなと感じます。
そして最近立て続けに身内が起こした犯罪を身内が謝罪会見をしているのを見て、なんだか同情してしまいました。
いくら身内といえ、犯罪を犯したわけではない人がまるで同罪かのように矢継ぎ差しに質問に答えている姿を見ると、これは正しい形なのか?と思ってしまいました。
家族として、騒がせたことを詫びるというのは理解できるのですが、犯罪そのものは本人ですし、ましてや成人した人間なら本人の問題によるところが大きいはずです。
何でもかんでも親のせいにしがちな日本の報道は少し疑問に思います。親が成人した子供の行動や生活を把握することはできませんし、する必要もないのです。
育て方を非難することは簡単ですが、誰だって子育ては手探りなはずですし、犯罪者になってほしいと願って子育てしている人なんていないのだから、、。
何はともわれ家族の謝罪会見は見ていていい気はしませんね。次は何か明るい幸せなニュースが出てきてほしいと願います!www.prg-languedoc-roussillon.org